スポーツ観戦・映画鑑賞などのブログ

スポーツ・映画を楽しむためのブログです。

魔界転生・千葉真一、沢田研二(1981年)

子供の頃、この映画を1度観たことがあるのですが、かなり衝撃的で、トラウマになった記憶があります。(とくにラストシーンが)

 

大人になってからなぜか観たくなり、最近観ましたので、ネタバレしないように、作品について感じたことを書きたいと思います!

 魔界転生 [DVD]

ストーリーとしては、島原の乱で自害した天草四郎(沢田研二)が悪魔の力を借りて復活し、徳川家に復讐していくのですが、それを阻止しようとするのが、柳生十兵衛(千葉真一)です。

 

この映画の見どころとしては、登場人物の動き、殺陣がとても素晴らしく、観ていて気持ちいいです!

 

とくに柳生十兵衛役の千葉真一さんと、柳生宗矩役の若山富三郎さんの殺陣は、今まで自分がみてきた、時代劇の殺陣の中では、

 

 

間違いなくNO.1だと思います!

 

 

若山富三郎さんは、撮影時、50歳を超えてましたが、年齢からは想像できない刀の振りの速さは、まさしく剣の達人、柳生宗矩という感じです!

 

千葉真一さんは、若山富三郎さんのことを、殺陣の師匠とおっしゃっていたそうです。

 

そして、子供の頃トラウトになったこと、

として、魔界衆の1人で徳川家に恨みを持つ細川ガラシャ役の佳那晃子さんがラストシーンでものすごい鬼気迫る演技を見せていたので、本当にいろいろな意味で怖かった記憶があります。

 

今見ると、怖さはそれほど感じずに、純粋に作品を楽しむことができるのですが…

 

 

時代劇というより、アクション映画のような、堅苦しくない作品なので何も考えずに楽しんで観られると思います!