スポーツ観戦・映画鑑賞などのブログ

スポーツ・映画を楽しむためのブログです。

金田一耕助・犬神家の一族 石坂浩二(1976)

金田一少年の事件簿の主人公、

金田一はじめのじっちゃんで有名な、金田一耕助(石坂浩二主演)の第1作目の映画です。

 

金田一耕助シリーズは、テレビドラマなどでもよくやっているので、観た記憶はあるのですが、石坂浩二さんが演じる金田一耕助は、最近になって、初めて観ました!

 

正直イメージしていたのと違い、あまり作品自体重くなく、石坂浩二さんが爽やかなので、言葉は悪いですが、金田一耕助の不潔な感じとのギャップがすごく面白かったです!

おなじみのシーン(頭をかくなど)もあり、周りの人の反応もおもしろいです。

 

ただ、犬神家の当主、犬神佐兵衛が亡くなり、その遺言状がもとで、一族のあいだで争い、そして殺人が起きてくるので、少し残酷なシーンもあります。結構、衝撃的です!

個人的には、怖いと思いつつ、同時におもしろさも感じたので、そこのバランスが、この作品は絶妙です。

 

全体的には、金田一耕助(石坂浩二)が主人公ではありますが、良い意味であまり目立ちすぎず、自然体で、犬神家の一族がメインという感じなので、そのことで、リアリティがでていて、白いゴムマスクをかぶったスケキヨさんなど、個性的なキャラクターが出てきますが、違和感を感じずに観ることができるかと思います。

 

そういった主人公らしくないところがラストシーンにも現れていて、観終わって後に、

おもしろかった〜という余韻が残るような作品です。