スポーツ観戦・映画鑑賞などのブログ

スポーツ・映画を楽しむためのブログです。

海外サッカー・ガラタサライVSロコモティフ・モスクワ(長友佑都選手出場)

チャンピオンズリーグで長友選手が久しぶりに出場したこの試合で、ガラタサライが3-0でロコモティフ・モスクワに勝利しました!

 

ガラタサライのホームで迎えたこの試合、長友選手は、左サイドバックで先発出場。前半からガラタサライが攻めます。

ゴール前に長友選手が走り込み、サイドからのパスに合わせ、シュートを打ちます。

これが相手ディフェンダーの手に当たって、PKかと思われましたが、判定はノーファール。

しかし、その後もガラタサライが攻め前半8分に先制します!

ガラタサライのロドリゲス選手が、ゴール左前から、中に切り込んでディフェンスをかわし、ゴールを決めます。

 

さらに長友選手からのスルーパスがロドリゲス選手に通り、シュートを打つもこれは入りません。ただガラタサライは良い形の攻撃を次々に作っていきます。

 

ロコモティフ・モスクワには、元シャルケで内田篤人選手とコンビを組んでた、ファルファン選手がいます。

ロコモティフ・モスクワは、コーナーキックから決定的シーンを作るのですが、ゴールキーパーにセーブされ、得点ならず。

ロコモティフ・モスクワもチャンスを作っていきます。

しばらくロコモティフ・モスクワがボールを持つ時間帯が続きます。

コーナーキックから、ファルファン選手がフリーでヘディングするも決まらず。

 

前半は、ガラタサライが1-0でリードし終了します。内容的には、両チームともほぼ互角の前半だったように思います。

 

 

後半もロコモティフ・モスクワがボールを持ち攻める展開から始まります。

 

ただガラタサライも長友選手がゴール前に抜けだす、など惜しいシーンを作ります。

この辺りから少しガラタサライのリズムも良くなってきます。

ガラタサライのシュートの打つシーンが増えてきます。

 

そしてガラタサライが追加点を奪います!

ゴール前でファールをもらい、フリーキックのチャンスで、エレン・デルディヨク選手が直接決め、2-0とします。

さらに長友選手のクロスから、ゴール前の味方の選手がフリーでヘディングするも、キーパー正面。長友選手からの素晴らしいクロスでした。

さらにゴールキーパーからのロングボール一本がロドリゲス選手に通りシュートを打ちますが、相手ゴールキーパーがファインセーブ。

 

ロコモティフ・モスクワは、運動量が落ちてきます。

 

ただ後半41分、ガラタサライの選手が2枚目のイエローカードをもらい退場で10人になります。

 

後半アディショナルタイムにガラタサライがPKを決め、3-0でガラタサライが試合に勝ちました!

この試合では、長友選手が攻撃面でかなり目立っていたように思います。試合を通して安定していて、ミスもなく、あと2点ぐらい長友選手からゴールが生まれていてもおかしくないシーンがありました。状態が良さそうなのでこれからの活躍にも期待できるかと思います!