スポーツ観戦・映画鑑賞などのブログ

スポーツ・映画を楽しむためのブログです。

フィギュアジャパンオープン(宇野昌磨選手、ザギトワ選手出場)

フィギュアスケート3地域対抗戦ということで、有力選手が多数出場しました!

 

この大会は、男女2名ずつ出場し、フリープログラムの合計得点で順位が決まります。

 

アメリカからは、世界選手権金メダリスト、ネイサン・チェン選手など

 

ロシアは、平昌オリンピック金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手など

 

そして、日本からは、平昌オリンピック銀メダリストの宇野昌磨選手、さらに織田信成選手や、宮原知子選手、坂本花織選手が出場しました!

 

[北米チーム]

ネイサン・チェン選手がまだコンディションが上がってきてないように感じました。ミスも多くあり、得意の4回転ジャンプでも転倒があり、得点は144.96点と伸びませんでした。これからの演技に期待したいです。

 

全米選手権優勝のデネル選手は、動きのキレがあり、所々で少しミスはありましたが、ジャンプの軸が綺麗で、全体的に素晴らしい演技だったように思います。得点は126.86点とあまり伸びませんでしたが。

 

[欧州チーム]

ザギトワ選手は、平昌オリンピックの時から身長が伸び、体型も変わったので難しい時期だとは思いますが、演技はほぼ完璧で、ジャンプも高く、質もすごく良く、素晴らしかったです!

得点は159.18点で世界最高得点をだしました!

 

[日本チーム]

 

織田選手は現役復帰して、5年ぶりの試合でしたが、それを全く感じさせない演技で、得点は176.95点という高得点を叩きだしました!

 

 

宇野選手は、序盤の4回転ジャンプ2本はうまく決まりませんでしたが、それ以降は、ほとんどミスのようなものはなく、とくに上半身が柔らかく、動きがダイナミックで素晴らしい演技でした!

得点は、186.69点でトップでした。あとジャンプの質がすごく良くなっているように感じました。

 

宮原選手は、ジャンプで転倒などがあり、得点は127.99点でしたが、表現、演技力は、やっぱり素晴らしいと思いました!

 

坂本選手は得点が130.28点とザギトワ選手に次ぐ得点をだし、

 

 

日本チームが合計621.91点で、2年ぶり、9度目の優勝を果たしました!