スポーツ観戦・映画鑑賞などのブログ

スポーツ・映画を楽しむためのブログです。

海外サッカー・マンチェスターU VSユベントス [CL]

チャンピオンズリーグ第3節が、マンチェスターUのホーム、オールドトラフォードで行われました。

 

ユベントスは、クリスティアーノ・ロナウド選手が先発出場しました。

マンチェスターUは、ルカク選手、ポグバ選手などが出場!

 

 

前半開始、ユベントスが少しペースを握ります。

 

前半3分、マンチェスターUのフリーキックの場面でピッチの中に乱入者!

 

 

ユベントスは、サイドからサイドへボールをつなぎながら、マンチェスターUを揺さぶっていきます。対するマンチェスターUは、カウンターからの速攻でチャンスをつくろうとしていきます。

 

 

前半12分、ユベントスが右サイドから攻め、ゴール前にクロスを上げ、ディバラ選手がヘディング!しかし、クロスが少し合わず、ゴールを外れます。

 

前半15分、マンチェスターUがフリーキックから最後はポグバ選手がヘディング!しかし、シュートはキーパーにキャッチされます。

 

前半16分、ロナウド選手が右サイドからゴール前にクロスを入れます。そして、クアドラード選手が詰め、こぼれてきたボールをディバラ選手が決めて、ユベントスが先制!

 

0-1!

 

ユベントスが、ピッチを左右に大きく使いながら効果的に攻めていきます。

 

前半21分、ユベントスがスピードある攻撃からシュート!しかしゴールキーパーが弾きます。

 

ここまで、ユベントスのボールポゼッション率が70%

 

前半30分を過ぎ、マンチェスターUもラッシュフォード選手やヤング選手がドリブルで仕掛けチャンスを作っていきます。

 

前半36分、ロナウド選手のドリブル!からファールをもらい、フリーキックはロナウド選手!無回転シュートをデヘア選手が弾きますが、こぼれ球をマテュイディ選手がシュート!しかし、デヘア選手がセーブします!

 

前半41分、ゴール前でディバラ選手がディフェンスをかわし、シュート!コースを狙い、カーブをかけたシュートは、わずかにゴールを外れます。

 

 

 

 

前半終了して0-1。ユベントスが1点リード!

 

前半の内容としては、ほぼユベントスのペースで、ボールを左右のサイドに何度も振りながら、マンチェスターUのプレスをかわし、裏のスペースを突くような攻撃からチャンスを作るという展開で、マンチェスターUは、なかなかユベントスからボールを奪えず、攻撃でも、少し単調で苦しい前半でした。

 

 

後半最初のチャンスは、マンチェスターUのマルシャル選手が裏へ抜け出し、ゴールキーパーと一対一になりかけますが、ホブッチ選手がペナルティエリア内でスライディングし、クリアします

 

後半4分、マテュイディ選手が左サイドからディフェンスをドリブルで抜き、ゴール前へグラウンダーのクロス!しかし、ゴール前のロナウド選手には会いません。

 

後半6分、ゴール前からクリスティアーノ・ロナウド選手がゴール右上隅に強烈なシュートを打ちます!しかし、デヘア選手がファインセーブ!

 

後半12分、マンチェスターUのフリーキック。しかしオフサイド!

 

後半13分、また、マンチェスターUのフリーキック。蹴るのは、マタ選手!しかし、ボールは合いません!

 

マンチェスターUも次第にボールを回せるようになってきます。

 

しかし、ゴール前へクロスを入れていきますが、ゴールは奪えません!

 

両チーム共、切り替えが早く、攻撃のスピードも上がっていきます。

 

 

中盤での攻防が続きます!

 

 

マンチェスターUは、なかなかシュートまで持っていけません!

 

後半29分、ポグバ選手がゴール前から左足でシュート!ボールはゴール左ポストに当たり、そして跳ね返りがキーパーの顔に当たってゴールならず!狙いすました良いシュートでした!

 

後半32分、ディバラ選手が交代で下がります。

 

後半38分、ルカク選手がシュートを打つもディフェンスに当たりコーナーに。コーナーキックもチャンスにつながりません!

 

後半44分、マルシャル選手がドリブルで抜け出し、シュート!しかしキーパーに抑えられます!

 

アディショナルタイムは3分!

 

 

しかし、このまま試合は終わり、0-1でユベントスが勝利しました!

 

 

ユベントスは前半は、ほぼ試合を支配し、後半は、マンチェスターUもボールを持つ時間が増え、積極的にゴール前へドリブル、クロスからチャンスを作ろうとしたのですが、ユベントスの守備の読みが良く、決定的シーンはあまり作れませんでした。

 

ただ、ポグバ選手が後半29分に放ったシュートは、決まっていてもおかしくない惜しいシュートでした!(その他にもポグバ選手は右サイドのスペースを使い、何度か良いチャンスメイクを後半はしていました。)

 

しかし、それ以上にユベントスはゴールチャンスを作っていたので、デヘア選手のセーブが無ければ、もっと点差が開いていてもおかしくない試合でした!