スポーツ観戦・映画鑑賞などのブログ

スポーツ・映画を楽しむためのブログです。

U-19サッカー日本代表ワールドカップ出場決定!

インドネシアで開催されているU-19アジア選手権で、U-19サッカー日本代表が準々決勝で開催国のU-19インドネシア代表と対戦し、2-0で勝利しました!

 

そして、この試合に勝利したことで、来年5月にポーランドで開催される、U-20ワールドカップの出場権を獲得しました!

 

 

完全アウェイで、スタジアムは60154人の観客が入り、そのほとんどがインドネシアサポーターという状況で、さらに、勝たなければワールドカップの出場権は得られないというプレッシャーの中で、落ち着いて、平常心でプレーしているのが、日本代表選手たちから伝わってきました!

 

 

 

 

試合は、前半40分に東俊希選手(サンフレッチェ広島ユース18歳)がゴール右隅に決まる30mのロングシュートで先制しました!スーパーゴールです!

 

前半は日本が1点リードで、

 

そして後半に入り、インドネシアがゴール前絶好の位置でフリーキックのチャンスから、ランダニ選手がスピードのあるゴール上を狙ったシュートを、ゴールキーパーの谷晃生選手が片手1本でファインセーブします!

 

後半26分に久保建英選手からパスを受けた宮代大聖選手(川崎ユース)が、角度のない位置からゴールを決め2-0とします!

日本代表は、そのリードを守りきりインドネシア代表に勝利しました!

 

 

今大会の日本代表は、鹿島アントラーズで中心選手としてプレーしている安部裕葵選手や横浜Fマリノス17歳の久保建英選手などJリーグで活躍している選手たちもいる、期待の世代です!

 

 

 

グループリーグでは、初戦に北朝鮮代表と対戦し、

前半8分に斉藤光毅選手(横浜FCユース)がゴール!

さらに伊藤洋輝選手(ジュビロ磐田)のゴールで2点リードとしますが、北朝鮮代表にその後2点決められ、前半は同点で終わります。

 

しかし後半、日本がゴール前25mの位置から、久保建英選手がフリーキックを直接決めて勝ち越します!3-2!(中村俊輔選手を彷彿とさせるような凄いゴールでした!)

その後、北朝鮮代表がレッドカードをもらい10人になり、

日本が宮代大聖選手と安部裕葵選手のゴールで2点を追加し、5-2で日本代表が勝利しました!

 

 

第2戦のタイ戦で、日本は5選手を代えて試合に臨みます。

前半27分に宮代大聖選手のゴールで先制し、42分に斉藤光毅選手が追加点を決め、

さらに44分に宮代大聖選手がまた決めて、

3-0で前半が終わり、

 

後半、タイ代表に1点返されますが、3-1で日本代表が勝利しました!

この試合に勝利したことで決勝トーナメント進出を決めました!

 

 

第3戦のイラク戦ではタイ戦から先発メンバーを10人代えて試合に臨み、

前半11分に滝裕太選手(清水エスパルス)のゴールで先制!

前半27分に田川亨介(サガン鳥栖)選手が2点目を決め、

前半34分に原大智(FC東京)選手が3点目を決めます!

そして後半も、32分に原選手がゴール!

後半40分に斉藤光毅選手が5点目を決め、イラク代表相手に大勝しました!

 

今大会、久保建英選手がここまで1ゴール2アシスト、斉藤光毅選手が3ゴール、宮代大聖選手が4ゴール、安部裕葵選手が1ゴール2アシスト、原大智選手が2ゴールなど他にもゴールを決めている選手が複数いて、力強いパフォーマンスを見せてくれています!そして、スマートな選手が多いのも印象的です!

 

 

次の準決勝の相手は、サウジアラビア代表ですが、ここまでグループリーグ3戦全勝で、準々決勝では、オーストラリア代表に3-1で勝利している難しい相手になります!

 

そのサウジアラビア代表相手に日本代表がどんなパフォーマンスをするのか、ベストパフォーマンスを期待したいと思います!