スポーツ観戦・映画鑑賞などのブログ

スポーツ・映画を楽しむためのブログです。

フィギュアスケート・羽生結弦選手

平昌オリンピックの時よりも凄い!!

とショートプログラムの演技を観て感じました!



2018年グランプリシリーズ・フィンランド大会の
男子ショートプログラムで羽生結弦選手が
106.69点のほぼ完璧な演技で
ショートプログラム今シーズン世界最高得点をマークし、1位で明日のフリープログラムに挑みます!



最初のジャンプの4回転サルコーは完璧に決めて、出来栄え点は4.3点を取り、

最後のジャンプの4回転-3回点のトーループのコンビネーションジャンプの2本目に少しバランスを崩したこと以外は、ほぼ完璧な演技だったと思います!




平昌オリンピックの時は右足を怪我していて、身体の調子も万全ではない状態の中で、
それを感じさせない!
最高の演技をして金メダルを獲得しましたが、

その時と比べて身体のキレ、スケーティングのスピード、スタミナのどれもが上回っていたように感じました!

解説の織田さんなどが言っていましたが、
オリンピックで2連覇した後のシーズンに、
これだけの演技をみせる羽生結弦選手…


凄すぎます!!!