スポーツ観戦・映画鑑賞などのブログ

スポーツ・映画を楽しむためのブログです。

ACL決勝・鹿島アントラーズVSペリセポリス

鹿島アントラーズがイランのペリセポリスと敵地、アザディスタジアムで対戦しました!


先日行われた鹿島アントラーズのホームでの試合では、2-0で鹿島アントラーズが勝利したので、
この試合は鹿島アントラーズが勝利するか引き分け、
または1点差負けで優勝が決まり、1点取れば相手は勝つためには4点必要になるので鹿島アントラーズが優勝するのに有利な状況にあります。


ただ、鹿島の昌子選手は2-0は一番危険なスコアと言い、油断はありません!




試合前半40秒、鹿島アントラーズがコーナーキック!クロスは相手キーパーが弾き、それを遠目からシュート!
しかし、相手ディフェンダーがクリアし、そこからペリセポリスがカウンター!

一人ドリブルでペナリティーエリア付近まで持ち込みシュート!これは枠を外れます。



試合序盤は、両チーム共になかなかボールが収まりません。


前半4分、土居選手が左サイドでボールを奪い鈴木選手へ渡し、鈴木選手が斜めにドリブルでディフェンダーを2人かわしてシュート!
しかしこのシュートは相手ディフェンダーにクリアされます。


ペリセポリスはカウンターとロングボールを中心に攻めてきます。


鹿島アントラーズはいい形でボールをつなぎ攻撃の形をつくるのですが、シュートまではなかなか持ち込めません。


前半13分、鹿島アントラーズがいい形でゴール付近までボールを持ち込み、ペナリティーエリア左から鈴木選手がクロス!
これを土居選手がトラップしシュート!

しかしシュートはおしくもゴール左に外れてしまいます。


前半15分、ペリセポリスのコーナーキック。
最後は遠目からボレーシュートを打つも枠を大きく外します。


前半19分、ペリセポリスのキーパーがクロスボールをキャッチし、そこからロングスロー!
ものすごいボールで鹿島のキーパー、クォン・スンテ選手がキャッチします!


鹿島アントラーズがボールを持つたびにブブゼラが鳴り響きます。


前半25分、ペリセポリスは2本目のコーナーキック。ヘディングシュートはクォン・スンテ選手がゴールラインギリギリでキャッチ。

さらにペリセポリスが左サイドからクロス!これをゴール前に走り込んできたアリプール選手がヘディング!しかし、これはキーパー正面!


前半30分、鹿島はレオシルバ選手がゴール前でディフェンダーを4人近く引きつけてセルジーニョ選手に渡し、そのままシュートするもクリアされます。


前半35分、鈴木選手のドリブルと安部選手の崩しから最後はコーナーキックに!

セルジーニョ選手がボールを蹴りますがクリアされます。


前半37分、また鹿島のコーナーキック!
これはファールがありペリセポリスボール。

ペリセポリスはレサン選手がドリブルでゴール前からシュート!これはクォン・スンテ選手がセーブ!


前半41分、ペリセポリスがペナリティーエリア右からシュート!これもクォン・スンテ選手がセーブ!

前半43分、レオシルバ選手がゴール前でファールをもらったかに見えましたが、シュミレーションでレオシルバ選手にイエローカード。

その後、鈴木選手が危険なファールをもらいますが、相手選手にはノーカード。




前半は0-0で終了!!


鹿島アントラーズは、アウェイで8万人以上のペリセポリスサポートがいる状況でしたが、試合開始から落ち着いて冷静にいつも通りのプレーをしていました!

前半はほぼ相手チームに危険なシーンをつくらせなかったように思います。
なので安心して見ていることができました


ペリセポリスは所どころで個のスピードを感じさせるプレーが見られ、
そこからのシュートを打つ流れが一番ゴールに近づいたプレーだったように思います。
チームとしてはあまり上手くプレーできていなかったように思います。






後半に入り、最初のチャンス!
鹿島アントラーズ、前線の鈴木選手が土居選手のスルーパスに反応し、裏に抜けシュート!しかしキーパーにセーブされます。決定的なシーンでした!


ペリセポリスは少しファールが多くなってきます。

鹿島が粘り強く、球際も厳しく行くことでペリセポリスにおもうようにプレーさせません!


後半18分、鹿島の甘くなったクリアボールをアリプール選手がボレーシュート!
スピードある良いシュートでしたが、ゴール右に外れます。


後半25分、鹿島のコーナーキックはキーパーが、弾きもう一度コーナーへ。
そしてまたコーナー!
しかしゴールにはつながりません!

後半30分、ペリセポリスのコーナーキック!
ヘディングで合わせるも力なくクォン・スンテ選手がキャッチ!


後半31分、鈴木優磨選手が足を痛め永木選手と交代します。


残り時間10分を切り、ペリセポリスは焦りと疲れからかボールがつながりません。

鹿島アントラーズからは、余裕のような、見ていて安心感を感じます。


ただ後半40分、ペリセポリスのゴール前良い位置からのフリーキック!
ボールは壁に当たり、高く上がってゴール前へ
これはキーパーのクォン・スンテ選手がわずかに触りクリアし、コーナーへ。

ペリセポリスのコーナーキックは、鹿島ディフェンスがダイビングヘッドで大きくクリアし、ペリセポリスがセカンドボールを収め、前線へクロス!

鹿島ディフェンスが相手選手を挟み込み、ボールをクリア!ペリセポリスのコーナーキックになります。


そしてペリセポリスのコーナーキックを鹿島ディフェンスがヘディングで逸らし、またコーナー!

ボールはこぼれてフリーのペリセポリスの選手に渡りシュート!しかし枠を外します!




アディショナルタイムは4分!


鹿島は安部選手と交代で金森選手が入ります!


ペリセポリスがロングボールを蹴るも、クォン・スンテ選手がキャッチ!


最後はレオシルバ選手がボールをクリアし、
試合終了!!



鹿島アントラーズがクラブ史上初、ACL優勝を成し遂げました!!

これで獲得したタイトル数が20となり、
Jリーグ史上初となる20冠を達成したチーム
となりました!!!

また、スタジアムのペリセポリスサポーターからも試合終了後、拍手が送られるなど、すごく良い雰囲気で感動しました!!




試合全体を通して鹿島アントラーズの選手たちの力強さが際立っていて、ボールの競り合いでもほぼ鹿島の選手たちが勝っていたので、ペリセポリスのロングボール攻勢にも良く対応出来ていたように思います!

この試合でも鹿島アントラーズの選手たちは浮き足立たずに、勝つための試合運びをして、それをやりきったので、本当に鹿島アントラーズらしい勝利だったように思います!!!