スポーツ観戦・映画鑑賞などのブログ

スポーツ・映画を楽しむためのブログです。

シャーロック・ホームズ (2009年)

 

この作品が上映された頃、テレビなどで、

今までのシャーロック・ホームズ作品とは違う!

アクションがすごい!

と宣伝されていた記憶があります。

最近になって初めて観たのですが、

凄くおもしろかったので、ストーリーや感想などを書いていきたいと思います!

 

ストーリーは、1891年イギリス、ロンドンの

名探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニーJr.)と、

医者のジョン・ワトソン(ジュード・ロウ)の

コンビが、ロンドンで起こった連続女性殺人事件の犯人を捕まえるのですが…解決したと思われた殺人事件の裏側には、ある大きな陰謀が隠されていました…

 

この作品では

シャーロック・ホームズの、

どんな些細なことも見逃さない洞察力と

人の心理に対する理解力

(ただ、女心はわかりませんが…)が、

起こった事件や出来事の、真相を辿っていきます。

 

また、アクションシーンも多くあり、

そこでは、

シャーロック・ホームズの物事の先を読む智力、が敵との格闘に遺憾なく発揮されます!

 

 

 

映像や役者の方の演技力によって、

それらがすごく良く表現されていました!

 

 

また、この作品で、

シャーロック・ホームズの最大の敵となる

ブラックウッド卿は、人の考えや思想に影響を与えて、恐怖心を植え付けたりする能力のようなものを持っていて、自分の陰謀実現のために、人々をコントロールしていきます。

 

「カリスマ詐欺師のような、または、悪徳手品師のような、いろいろな顔を合わせ持ったカルト教団の教祖」といった感じです!

 

 

そして、シャーロック・ホームズとワトソン君は、

ブラックウッド卿の陰謀を阻止するために、

ブラックウッド卿によって仕掛けられた罠や

ブラックウッド卿の魔術に、勝負を挑みます!

 

 

やりすぎコージで、よくフリーメイソンや陰謀論についてやっていますが、

そういったことが好きな人は、すごく楽しめる作品かと思います!

 

 

(シャーロック・ホームズはHuluで配信中です!)